内臓トレーニング専門

静岡トレーニングクリニック

Shizuoka Training Clinic

一般社団法人内臓トレーニング協会 提携

0800-200-9029

2018.10 第22回 新宿講演会報告 「高血圧基準値、特に上限値の変遷」

第22回 新宿講演会

開催月日:2018年10月20日(土)

開催場所:新宿エルタワー 30 階 B 室

◇第22回 新宿講演会報告
1 期日 2018年10月20日(土) 13:30~16:30
2 会場 新宿エルタワー 30 階 B 室

血圧の上限値は年とともに低くなってきた

①昔は上の血圧は「年齢+90」が目安とされ、昔の町医者はおおよそ160までは正常値とみなしてきました。
 中には180までは大丈夫と豪語するお医者さんもいました。
②1987年には、旧厚生省が「180/100」という診断基準を打ち出しました。
③2000年には、日本高血圧学会が「140/90」という厳しい基準値を打ち出してきました。
 そして、70代は150未満、80代は160未満と年齢ごとに治療目標を定めました。
 しかし、4年後の2004年には65歳以上の高齢者は一律に「140/90」に収めるよう指導方針を転換しました。
④ところが、2014年4月、日本人間ドック学会は約150万人のデータをもとに、日本高血圧学会の示す「140/90」に対し「147/94」という新たな基準値を発表しました。
 しかし、日本高血圧学会や動脈硬化学会、更に製薬会社などからの猛反発により、せっかくデータに基づいた数値を「あくまで健康の目安であり、病気のリスクを示したものではない」とトーンダウンさせてしまいました。
 現在、その数値は黙殺されてしまっています。
⑤現在、日本高血圧学会は、「140/90」の基準値はそのままにしながら、実際の治療では「130/80」を守るよう指導しています。

  

今まで以上に厳しくなる基準値

 医学界では、血圧を低く抑えることによって確実に病気の発症率が低くなり、長生きが出来るというということは共通理解が出来ています。
しかし、理想の血圧については議論百出で、どの数字についても異論があって、なかなか合意は得られていません。
日本高血圧学会は、現在の基準値「140/90」を、来年から「130/80」に改訂するそうです。

  

アメリカでも、今年の5月に「130/80」に改訂した

 アメリカでも高血圧の定義には様々な議論がなされています。
そんな中で2015年にアメリカの国立心肺血液研究所から画期的な研究が発表されました。
50歳以上の約9,400人の高血圧患者を追跡調査したところ、血圧の上限値を140未満まで下げた群よりも、120未満に下げた群のほうが心臓発作や脳卒中のリスクが低く、総死亡率も低いという結果が示されました。
その結果を受けてアメリカでは今年の5月から血圧の基準値を「130/80」に改定しました。
日本高血圧学会も来年から「130/80」に数値を下げるのだそうです。

上の表をご覧下さい、もしこの数値で治療が行われるようになると、60歳以上の日本人の80%以上が、高血圧と診断されて血圧降下剤を一生のみ続けることになります。

  

望ましい血圧の数値にエビデンスはない

 しかし、アメリカ国内でも「130/80」という数値に異論を唱える医師がいるし、日本の中にも学会によって望ましい数値が違っています。
ですから、今回改訂され「130/80」が本当に正しい数値かどうか分かりません。
いわゆるエビデンスがないのです。
今までの治療経験を踏まえて何度も数値を改訂してきましたが、暗中模索の中で出された数値です。
今回の数値も試行錯誤の中の一つの数字といえましょう。

  

高血圧になってしまう体のしくみを治しましょう

 ただ、たとえ血圧が高くても生活に支障がないからといって、高血圧を放置していてはいけません。
数値が高い人は、様々な病気のリスクを背負っているからです。
血圧の薬を飲んでも血圧を下げることは出来ません。
理由は、高血圧になる原因を治しているわけではないからです。だから、一生飲み続けなければならないのです。
高血圧になる体の仕組みを治しましょう。それには薬を飲むより、自律神経のバランスを整え、全身の血流を活性化する生活習慣をつくることが大切です。

  

内臓トレーニングを実践すると血圧は下がる

 ちなみに、内臓トレーニングの実践者の中には、薬に頼らずに血圧を下げている人がたくさんいます。
協会のホームページの「実践者の声」の中の「症状の改善→高血圧」をご覧下さい。

  

新宿講演会会場 新宿エルタワー 30 階から見た景色

参加された方の声