内臓トレーニング専門

静岡トレーニングクリニック

Shizuoka Training Clinic

一般社団法人内臓トレーニング協会 提携

0800-200-9029

2019.8 第23回 名古屋講演会報告 「協会に寄せられた実践者からの質問と主治医の対応」

第23回 名古屋講演会

開催月日:2019年08月03日(土)

開催場所:TKP名駅東口カンファレンスセンター ホール13E

はじめに

  

 患者さんは自分の病気にいろいろ疑問や不安を抱えています。しかし、先生に本音で質問をぶつけることは勇気がいるようです。ましてや、3分診療といわれるように診療時間が短いと患者はなかなか質問することができません。
 今回は、内臓トレーニング考案者の望月みや子氏から報告があった、内臓トレーニング協会に寄せられた内臓トレーニング実践者からの質問とその回答をご報告しましょう。
氏によると、以下の4つの事例は、腎臓病患者が病気初期の段階で持つ一番基本的な疑問だそうです。

  

  

質問1 

内臓トレーニングの実践者Aさん(75歳・男性)から、「治療に行くとお医者さんは『体の調子はどうですか』と聞いたきり、黙ってコンピュータの画面ばかり眺めています。私にしてみると、コンピュータばかりを見ていて本当に診察してくれているのでしょうか不安です」

  

こんな時、お医者さんは血液検査表を見て、患者の血管内にどんな毒があり、その量が増えたか減ったかを観察して患者さんの健康状態を把握しているのです。
前回の血液検査と今回の血液検査の数値の違いを確認し、どんな薬を処方したらよいかを見ているのです。
患者さんの顔を見て健康診断をするより、血液検査表の数値の方が患者さんの体内の様子を正確に把握できるからです。

  

  

質問2

実践者Bさん(男性・45歳)は、クレアチニン1.50mgで慢性腎臓病と診断されました。
Bさんは、「自覚症状はないが、健康診断の再検査で慢性腎臓病といわれました。薬はなく『1年間は様子を見ましょう』と、言われました」と、慢性腎臓病と診断されたが、ちっとも治療をしてもらえなくて不安だという質問です。

  

こんな時、お医者さんが「様子を見ましょう」というのは、Bさんの病気を観察することが治療と考えているからです。
言い換えるとBさんの病気がもっと進むのを待っているのです。腎臓病は、尿の毒が、血液中に一定量たまると腎臓病と診断されます。しかし、病気の初期には患者さんに自覚症状がないほど毒の量が少ないのです。
ですから、「自覚症状が出てくるまで待ちましょう」という意味であり、「もう少し毒が溜まるまで待ちましょう」という意味です。
多くのお医者さんはこの時期には、「塩分を控えめに」と言う以外、特に指示を出しません。しかし、講師によれば、本当はこの時期ほど大切なときはないのだそうです。
この時期に、内臓トレーニングを実践して基礎体力と自然治癒力をつけ、その上で、食事療法を徹底すれば病気の完解も可能だそうです。腎臓病は生活習慣病ですから、患者自身が発症原因となっている生活を変えることが大切です。

  

  

質問3

実践者Cさん(83歳・女性)は、「『塩分を控えめにして、一日の摂取カロリーを1,600Kcalにし、タンパク質は60g取るようにしましょう』といわれました。
しかし、自分が糖尿病性腎症だと気付いたCさんは、廣岡先生の食事指導と違うが、本当にこの数値でよいか」、という質問を寄せてきました。

  

このお医者さんは、Cさんが糖尿病性腎症でありながら、糖尿病食を取るように指導しているのです。
腎臓病患者は、1日のカロリーは最低2,000kcal取ることを勧められますから、1,600kcalは少なすぎます。ただ、取るに当たっては、タンパク質を抑えて脂質で取らなければなりません。また、Cさんの場合、タンパク質は35~45gくらいに抑えなければなりません。60gは健康な成人の摂取する量で、小柄なCさんには多すぎます。
 Cさんが、主治医の指導どおりの食事をしていたら病気の進行速度が早く、瞬く間に透析になってしまいます。このような間違いが起こる主な理由は2つあります。

①Cさんは以前から糖尿病を患い、糖尿病専門の医師にかかっていました。このため、主治医は糖尿病ばかりに気を取られていたのではないでしょうか。
たまたまCさんは内臓トレーニングでHbA1cが下がることを知って、内臓トレーニングの健康教室に参加しました。そこで血液検査表の見方を勉強したので、改めて自分の検査表を見たところ、クレアチニンの数値が1,32mgに上がってきていることに気付いたので上記の質問をしてきたのです。もし、Cさんのように気付けなかったら透析一直線だったでしょう。
なお、糖尿病患者の検査表にはクレアチニンの項目がない場合もあるそうです。

②2つ目の原因として、医師は、糖尿病性腎症が発症したことに気づき、管理栄養士に腎臓病食に切り替えるよう指示していたかも知れません。しかし、管理栄養士の勤務も非常に忙しいためか、糖尿病食から腎臓病食に切り替えるのを忘れてしまっていたのではないでしょうか。
要するに、医師と管理栄養士の連携がうまく取れていなかったのでしょう。

腎臓病は、摂取したタンパク質の老廃物を尿として体外に排出できないことで発症します。腎臓を大切にするためには、タンパク質の摂取を控えることが大切です。
①の場合も②の場合も、患者自身が気付かなければ透析を免れることはできません。自分の病気は自分で管理できるようになることが大切です。
 

  

  

質問4

実践者Dさん(42歳・男性)から、「クレアチニンが4.12mgにあがってきました。透析を心配して先生にいつ入るかを聞いたのですが、笑うだけで、いつ透析に入るか教えてくれませんでした。いつごろ入るのか教えてください」。
クレアチニンの数値が高くなってくると患者さんは皆さん透析に入る時期を心配します。

  

こんなとき多くの医師は、はっきり答えません。理由は、患者一人ひとりの日常生活の様子を把握していませんから、病気の進行速度が分からないのです。
ただ、医師の中には、「腎臓病患者が透析に入るのは当然だ。腎臓病の治療とは透析に入る日を決めることだ」と豪語している医師もおります。「ずばり何ヵ月後です」と答える人はよっぽど自信があるからでしょう。
 日本腎臓学会のガイドラインでは、eGFRの数値が8を超えたら透析に入るよう勧めています。ただ、素人判断ですが、血液検査が月単位からを週単位になったら、透析が近いといえるでしょう。
 なお、クレアチニン値が1,8mgを超えてしまうと基準値に戻すことは難しく、少しでも透析を先延ばしする努力に変わらざるを得ません。

  

  

  

参加された方の声