内臓トレーニング専門

静岡トレーニングクリニック

Shizuoka Training Clinic

一般社団法人内臓トレーニング協会 提携

0800-200-9029

2020.7 第26回 大阪講演会報告 「医学ではエビデンスが大切、しかし、エビデンスは一瞬にして覆る」

第回26 大阪講演会

開催月日:2020年07月18日(土)

開催場所:第二吉本ビルディング貸会議室 A+B 室

はじめに
腎臓病患者は予備軍を入れると1,330万人といわれ、第2の国民病として位置づけられています。
遺伝性の腎臓病を除くと、いわゆる腎臓病の発症原因のほとんどは、日々の生活習慣の中から発症しているといわれています。

腎機能低下の原因
1つは血液の流れが滞るためであり、
2つ目は細胞を元気にする生体電流の流れが不活発になる
ことが原因と言われています。
この2つの流れが滞ると最後は透析になってしまいます。
従って、透析を免れるためには、この2つの流れを生涯円滑に保つことが大切です。
もっと具体的に言えば、1の血液の流れを円滑に保つための方法は様々ありますが、最終的には血圧の適切な管理になっています。
2つ目の生体電流の滞りを防ぐには自律神経の活性化を図ることが大切といわれています。

従来の常識を覆す研究結果
今回のセミナーで講師は、2018年11月6日にAnn Intern Med誌に発表されたカリフォルニア州立大学SF校の研究報告を紹介しています。
その研究では、心血管リスクの高い患者9361人を対象にして研究を進めました。

心血管のリスクの高い患者とは、日本人の死因の3分の1を占め、食生活のかたよりや運動不足によって発症し、いわゆる動脈硬化の症状が出ている患者のことです。
心血管のリスク(動脈硬化)が高くなってくると
① 血管が破れて出血する・・・脳出血、
② 血管に血のかたまり(血栓)が出来て血流が衰えると、脳梗塞や心筋梗塞
③ 血管が狭くなったり固くなったりして狭心症などを発症します。
腎臓病の人は特に狭心症が心配です。
アメリカでは、高齢者も血圧は130~80mmHgを維持するよう指導しています。

そこで、血管リスクの高い患者9361人を、
① 血圧を厳格に管理する群と
② 薬の服用を患者に任せた群の2つのグループに分けて、
腎臓バイオマーカーを利用して、薬の効果を測ったところ、②の「薬の服用を患者に任せた群」よりも、①「血圧を厳格に管理する群」のほうが、CKD発症者数が多かったそうです。
この研究では、「血圧を厳格に管理することによって腎血流量が減ったため」と、結論づけていました。

エビデンスの信憑性
 日本では、「高血圧とは、安静にしている状態で正常値よりも血圧が高い状態のことをいいます。
厚生労働省の平成26年「国民健康・栄養調査」によると、成年男子50歳で収縮期(最高)血圧を130mmHg以下に抑えることが望ましいと指導しています。
しかし、国内でも医師によって高血圧の数値はバラバラで一致点は見つかっていません。
このように、血圧一つをとってもエビデンスが確定できません。

今後も医学の進歩に伴って、今まで正しいと思っていたエビデンスがひっくり返ることが多々出てくることと思います。
このように、体内のことはまだまだ分かっておらず、病気の発症原因は分かっても、ほとんどの病気は治すことはできないのが現状です。

参加された方の声